WordPress、Simplicity2、自動バックアップ方法

WordPress、Simplicity2、自動バックアッププラグインの導入方法

今回は、サーバーで運用中のWordPress本体ファイル(画像ファイル、テーマファイル含む)と、データベースファイルを自動的にバックアップできるプラグイン「BackWPup」を使用します。

WordPressは、本体ファイルとデータベースファイルの2つに分かれているので、両方バックアップする必要があります。

日本語で設定ができるので使いやすいと思います。

※下記の動作環境での記事になります。

動作環境
Simplicity2.5 安定版とSimplicity2の子テーマ(バージョン:20161002)をインストール。

自動バックアッププラグイン「BackWPup」のインストール

WordPressの管理画面 > プラグイン > 新規追加 > 検索で「BackWPup」と入力。

検索結果から「BackWPup」の「今すぐインストール」をクリックする。

インストールが完了したら、有効化をクリックする。

「WordPress本体ファイル」自動バックアップ設定

WordPressの管理画面 > BackWPup > 新規ジョブを追加

一般タブを選択

設定個所は、

このジョブの名前 > 自分の覚えやすい名前を設定

このジョブは… > ファイルのバックアップだけチェックする

アーカイブ名 > 表示されたままでOKです

アーカイブ形式 > windowsの方は、Zipを選択

バックアップファイルの保存方法 > フォルダーへバックアップをチェックする

ログファイルの3項目 > 表示されたままでOKです

変更を保存をクリック。

スケジュールタブを選択

ジョブの開始方法 > WordPressのcronを選択

スケジューラタイプ > 基本を選択

スケジューラ > ご自分の環境に合わせて設定してください。
週に1回程度で2:00-4:00が良いと思います。

変更を保存をクリック。

ファイルタブ、宛先:フォルダタブ

通常、初期設定で問題ありませんが、ご自分の環境で設定を変えてください。

これで設定は終了です。

すぐにバックアップを取りたい場合

WordPressの管理画面 > BackWPup > ジョブ

ご自分がつけたジョブ名にマウスのポインターを重ねて「今すぐ実行」をクリックでバックアップできます。

バックアップファイルのダウンロード

WordPressの管理画面 > BackWPup > バックアップ

ダウンロードしたいファイルにマウスのポインターを重ねて「ダウンロード」をクリックでPCに保存できます。

「データベースファイル」自動バックアップ設定

WordPressの管理画面 > BackWPup > 新規ジョブを追加

一般タブを選択

設定個所は、

このジョブの名前 > 自分の覚えやすい名前を設定

このジョブは… > データベースのバックアップ・インストール済みプラグイン一覧の2つにチェック

アーカイブ名 > 表示されたままでOKです

アーカイブ形式 > windowsの方は、Zipを選択

バックアップファイルの保存方法 > フォルダーへバックアップをチェックする

ログファイルの3項目 > 表示されたままでOKです

変更を保存をクリック。

スケジュールタブを選択

ジョブの開始方法 > WordPressのcronを選択

スケジューラタイプ > 基本を選択

スケジューラ > ご自分の環境に合わせて設定してください。
ブログを毎日頻繁に更新する人は1日に1回程度で2:00-4:00が良いと思います。

変更を保存をクリック。

DBバックアップタブを選択

バックアップするテーブル > すべてチェックする

バックアップファイル名 > 表示されたままでOKです

バックアップファイルの圧縮 > GZipを選択

変更を保存をクリック。

プラグイン、宛先:フォルダタブ

通常、初期設定で問題ありませんが、ご自分の環境で設定を変えてください。

これで設定は終了です。

すぐにバックアップを取りたい場合

WordPressの管理画面 > BackWPup > ジョブ

ご自分がつけたジョブ名にマウスのポインターを重ねて「今すぐ実行」をクリックでバックアップできます。

バックアップファイルのダウンロード

WordPressの管理画面 > BackWPup > バックアップ

ダウンロードしたいファイルにマウスのポインターを重ねて「ダウンロード」をクリックでPCに保存できます。

定期メンテナンス

1回設定すると自動でバックアップを取ってくれますが、サーバーのクラッシュなどに備えてご自分のPCやUSBメモリーなどに定期的に保存しましょう。